送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

30代の専業主婦です。最近、疲労や動悸が気になります。更年期にはまだ早いと思うのですが、健康診断で調べたほうがよいですか?

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

疲労や動悸などは更年期障害だけでなく、高血圧、肥満、糖尿病、動脈硬化の症状としても考えられます。より厳密な健康管理のためには、血液検査などを含む健康診断を受けたほうがよいでしょう。
更年期障害は女性にとって気になる病気のひとつです。加齢とともに発症する可能性が高くなり、一般的には閉経前後の 5~10年の間に発症するとされていますが、場合によってはもう少し早い時期から現れることもあります。自覚症状はさまざまで、代表的なものとして、ほてり、のぼせ、発汗、疲労、動悸などが挙げられます。ただし、こういった症状のいくつかは、更年期障害特有のものではなく、高血圧などの生活習慣病でも認められます。例えば、ほてりやのぼせは高血圧や心臓疾患の、動悸や息切れは狭心症や肥満の、疲労は糖尿病や肥満の、というように自分では更年期障害だと思っていた症状が本当は重篤な生活習慣病のものであることもあり得るのです。また、更年期障害の主な原因としては、エストロゲンという女性ホルモンの減少が大きく関与していると考えられていますが、高血圧や動脈硬化なども加齢による血圧の上昇やエストロゲンの減少による血中コレステロールの増加などが原因で起こります。更年期障害に限らず、それらの生活習慣病を早期に発見するためには、定期的に健康診断を受けることが非常に有効です。気になる症状があるようでしたら、一度医師の診断をあおぎましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

商品のご購入はこちら

送料無料 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 財布 ポルトフォイユ・ミュルティプル モノグラム ブロン M67819 472大黒屋Nmnw80

そのほかの関連サイト